矯正・小児歯科

矯正歯科

写真:歯の模型

小児期における歯列矯正の最終目的は大人になっての美しく機能的な歯列の獲得にあります。ですから遺伝的な影響が懸念される場合、その施術期間及び観察期間は長期になります。
それでも、歯だけを動かす成人矯正と違い、成長過程にある顎骨の成長をある程度コントロールできるため歯列だけにとどまらない効果が期待されます。言い換えれば、小児矯正は子どもの歯並びは直すのではなく発育に合わせて正しい方向に育てる事を目標にします。
また、成人になっても口元の審美的な問題が心理的なストレスになっているならば、歯列矯正を行って解決するのが良いでしょう。また、傾いた歯や埋伏した歯を矯正してしっかり噛めるようにすることも有意義と考えます。

歯を動かす矯正装置には様々な種類があります。大きく分けると『取り外し式のもの』と『固定式のもの』があり、それぞれメリット、デメリットがあります。
ご相談のうえ、各個人に見合った方法を提案させていただきます。

小児歯科

当院の考える小児歯科とは

① 正常な顎の発育をめざす

写真:正常な顎の発育をめざす

健康な生活を送るためには、しっかり自分の歯で噛むという事がとても重要です。そのためには正常な歯・顎の発達が不可欠です。

小さい頃からよく噛んで食べる習慣を身につける事で正常な顎の成長やキレイな歯並びを実現できるように導きます。

また、遺伝的な影響(出っ歯やうけ口)がある場合は早期に矯正治療を行う事もあります。

② 口腔衛生の自立

柔軟性の高い子どもの頃から適切なブラッシングを習う事で比較的容易にブラッシング技術を習得することができ、虫歯知らず(カリエスフリー)で一生涯健康に過ごすことができます。
つまりは『自分の歯は自分で守る』その術を身につけていただければ生活の質の向上に繋がると私どもは考えております。

シーラントで奥歯の虫歯予防

歯ブラシでは届きにくく、むし歯になりやすい奥歯の溝をレジン(プラスチック)で埋める方法です。

複雑な溝を埋めることで磨き残しを少なくし、生え始めの虫歯になりやすい時期を無事に過ごすことが目的です。

生えて間もない6歳前後に生える奥歯の永久歯(六歳臼歯)は虫歯になりやすいので、特に効果的です。

ただ、食べ物を強く噛んだり、歯ぎしりなどで奥歯への負担が大きいとシーラントが取れてしまう事もありますので、年2~3回程度、定期健診と併せて来院されることをお勧めします。

フッ素の危険性

フッ素症である斑状歯に見られるように、フッ素の毒性は高くアルツハイマー病やアテローム性動脈硬化症、不妊、奇形、糖尿病、癌、IQ低下などにも関係するそうです。市販されているフッ素入り練り歯磨きにも致死量があります。そして、歯面に塗布するフッ素化合物では、その処置時間に関わらず歯の結晶構造中にフッ素イオンの置換は認められず、フロール化は起こっていないという研究結果が発表されています。つまりフッ化物歯面塗布による歯質強化を否定する内容です。

そもそもフッ素中毒の一症状として現れた斑状歯は歯の形成期に飲料水として一緒に取り込まれたフッ素がエナメル質の結晶構造中に取り込まれたわけで、歯の形成異常と解釈されます。その影響の一つに耐酸性の向上が見られたのです。それを都合よく解釈して、形成後の歯の表面にフッ化物を塗布しても同様な効果が得られるとの思いで現在のフッ化物塗布が行われています。それは前述の研究結果で否定的になりつつあります。ですが虫歯抑制効果が0%ではなさそうです。それは毒性の強いフッ化物のために虫歯菌までもが正常な活動を抑制された結果と考えられます。フッ化物を用いなくても虫歯菌の活動を抑制する薬剤はあります。フッ化物の塗布により口の中に残留するフッ化物の誤飲による長期的な影響を鑑みて、当院では現時点ではフッ化物使用中止が賢明と判断します。

フッ素は岩石や土壌をはじめ植物や動物にも広く分布し、生物にとって必須微量栄養素的な捉え方もされていますが、一方、フッ素は生命の最小単位である細胞の代謝活動にとって不都合な物質(古い言葉で原形質毒)で生命活動に必要なタンパク質(酵素も含む)合成を阻害します。栄養素であるならば、生体内での代謝過程での役割があっても不思議ではないのですが、実際には体内に吸収されるや否や極めて短時間の間に多くが尿中に排泄され、一部は骨や歯牙に蓄えられる、もし、骨や歯において、栄養素として生理的な代謝過程で取り込まれるならば、きれいな結晶構造を作り出してもよさそうなものを、実際は結晶構造の異常や骨では非結晶構造が形成されるとのことです(参考、引用 明海大学 筧光夫先生)。