医院の治療方針

川井歯科の治療方針

①安心な治療(納得して頂いてから、治療に入ります。)

治療におきましては、患者さんの話をお聞きしたうえで検査・診断を行います。
お口の中をさわるのですから、治療前に検査結果や口腔写真、レントゲン画像、お口の模型などを用いて丁寧な説明をさせて頂きます。
また、担当医と院長で治療計画を立て、全ての患者さんに当院の理念に基づいた治療をご提案させて頂きます。
理解しづらいことや不安に思うことがあれば遠慮なく歯科医師やスタッフにお尋ねください。

②生活改善あっての歯科治療

生活改善あっての歯科治療

虫歯の治療をして、歯石を取っても歯磨きがしっかり出来ていなければ、直ちに虫歯や歯周病は再発し、「いたちごっこ」ならまだしも、どんどんお口の機能は損なわれていきます。
当院では治療と並行して、優しくて根気強い歯科衛生士が、そしてもちろん歯科医師も、お口の健康回復とその保持のために歯磨きを始めとした様々な保健指導を行います。(楽しく受けていただける様、日々勉強をしています。)

③予防的アプローチ

予防的アプローチ

虫歯、歯周病になってからの治療ではなく、ならないようにする策を講じます。それには出来るだけ早い時期に食を含めた正しい生活習慣を身に付けていただく事が必要と考えます。また、治療後の再発予防にも力を入れています。そして歯並びでは小児期の歯列不正が軽度なうちでの矯正治療の介入で正常な歯列、顔面の成長を目指します。
矯正歯科・予防歯科参照

④保存的治療 とにかく歯を残す事に全力で取り組みます

保存的治療 とにかく歯を残す事に全力で取り組みます

歯は後からでも抜けます。しかし早まって抜いてしまっては取り返しがつきません。
親知らずだって先ず保存が前提です。

アメリカ式最新治療に対しての当院の考え方

当院では、とにかく病的な状態を脱せれば、可能な限り歯を残して治療をしています。
残せたかもしれない歯を早々に抜歯するより、その歯の本当の限界(寿命)が来るまで残す方法が優れているのは(少なくとも残っている歯の数においては)長期にわたって来院頂いた患者さんのデータでも明らかです。
「とりあえず10年持たせられる様に治療をして欲しい」こういう患者さんがみえられることがあります。
誰でもすぐ治療のやり直しがなく、長く持たせたいのは人情です。アメリカ等では特にそういう要求を持った患者さんが多く(いろんな事情があるのでしょうが)、歯科治療においては、この治療に対する永続性と見た目の美しさ(審美性)が重要視されています。
そのための弊害とでも言いましょうか、アメリカの歯科治療では大学の教授と言えども再治療をきらい、日本の歯医者が残しそうな歯も簡単に抜いてしまうという事です。
実際、高齢者において無歯顎者(歯が一本もない人)の割合を日本と比べると、例えば65~69才では日本が7.1%に対し、アメリカでは26%(世界口腔保健報告書2003年)と、これが歯科医療先進国のアメリカ?と思ってしまう程です。インプラントが普及してそういう数字にこだわらなくなったアメリカの歯科界なのでしょうが、歯を残すことでしゃく機能を守り健康の維持増進をはかるという歯科の本分からすれば、アメリカはいつしか歯科医療先進国から歯科治療荒廃国になったのではないでしょうか。

⑤脱インプラント治療

インプラント施術により食べ易くなった、取り外し式の入れ歯でなく快適になったと言う患者さんの声を聞きますが、医学的な観点から問題が残ります。簡単にいえば、人の体は皮膚(城壁)や免疫細胞(兵士)によって細菌(敵兵)の侵入を防ぎますが、インプラントは上皮を貫き骨内部(城内)に達するばい菌(敵兵)の侵入路を作るわけですから、免疫細胞(兵士)の負担は大変です。人は加齢やストレスなどで免疫力は低下します。最近、歯周病の全身への悪影響が解明されつつあります。個人的見解ではありますが、免疫システムを考えますとインプラントからの感染が全身に及ぼす影響は歯周病どころではないと危惧します。大学などの研究機関でその安全性が、危険性が解明されるまでインプラント施術は控えるべきと考えます。→インプラントの問題点

話は当院の診療に戻ります。歯を残そうと努力してきた私達ですが、それでも多くの方々が無歯顎、総入れ歯になられました。それを思うと、歯磨きをはじめとする生活改善がいかに大切で、それを皆様に分かっていただくための努力こそが、歯科医療の本質であると確信しております。
昨今歯科に関する知識や情報は本やネットなど様々なメディアで得る事が出来ますので、よく御存知の方もいらっしゃいます。そういう方は御自身のお口の中の実態をしっかり見て頂く事が大切であると考えます。

⑥自然治癒力を考えて治療を行う。

虫歯の初期も歯周病もヒトの体には治そうとする能力があります。
それを踏まえた歯科治療を目標とし、安易に歯に詰め物を入れず、出来るだけ手術はせずにヒトに備わった自然治癒力を生かしてそれらの治療をおこないます。